第56回春季全道高校野球大会(道高野連、北海道新聞社主催)は29日、札幌円山球場で開幕する。10支部の15代表と、選抜大会(春の甲子園)に出場した「推薦枠」の札第一を加えた計16校が全道一を目指して熱戦を繰り広げる。

 28日は全16校が同球場で公式練習を行う予定だったが雨のため途中で中止。札第一や33度目出場の北照(小樽支部)など10校のみの練習となった。

 29日は午前8時半からの開会式に続き、1回戦3試合を行う。第1試合は鵡川(室蘭支部)と札日大高が対戦する。

 大会は順調に進めば6月2日の休養日を挟み、4日に決勝を行う。入場料は大人500円、中学・高校生100円、小学生以下は...    
<記事全文を読む>