13日に開幕する第56回春季北海道高校野球大会函館支部予選に、松前・長万部・福島商・大野農・森の5校連合チームが昨秋の支部大会に続いて出場する。結束をさらに強めた5校の主将たちは、初の1勝へ意欲を燃やしている。

 支部初の5校連合チームが誕生した昨秋に続いて今春も、5校は部員不足に直面。今回は、5校合わせて13人の選手たちで大会に出場することを決め、3月下旬に合同練習を開始した。春休み明けからは毎週末、大野農グラウンドで練習を重ねている。

...    
<記事全文を読む>