【滝川】第56回春季高校野球大会(道高野連、北海道新聞社主催)空知支部予選の抽選会が2日、滝川工業高で行われ、組み合わせが決まった。13日に滝川市営球場で開幕し、熱戦が繰り広げられる。

 昨年は単独で出場した栗山が連合チームに加わったため、参加チームは昨年より1チーム減って13チームとなった。連合チームの構成校は昨年の夕張、月形、奈井江商、深川東から1校増え、同支部で過去最多の5校。

 抽選会では、昨年の秋季支部大会で優勝した滝川西と準優勝の深川西がシードとなり、残る11チームがくじ引きで組み合わせを決めた。開幕戦は13日午前10時30分から美唄尚栄と岩見沢東が対戦する。昨春の支部...    
<記事全文を読む>