第56回春季道高校野球大会北見支部予選(道高野連、北海道新聞社主催)の組み合わせ抽選会が2日、道立北見体育センターで開かれた。大会はトーナメント方式で、北見市営球場で13~21日に実施。昨年より4校(1チーム)少ない15校13チームが出場し、熱戦を繰り広げる。

 昨秋の支部予選の結果を考慮し、第1シードは代表チームの遠軽、第2シードは網南丘となった。津別、清里、留辺蘂の3校でつくる連合チームも出場する。

 代表チームは29日から札幌円山球場で行われる全道大会に出場する。(川崎博之)

...    
<記事全文を読む>