春季青森県高校野球選手権は最終日の28日、六戸町の六戸メイプルスタジアムで決勝を行い、青森山田が聖愛の追い上げを振り切って3-2で接戦を制し、4年ぶり10回目の優勝を成し遂げた。3位決定戦は八学光星が猛打を振るい、10-2の七回コールドで八工大一に勝利、2年ぶり18回目の春季東北大会出場を決めた。青森県代表として青森山田、聖愛、八学光星の3校が出場する春季東北大会は、6月8日に宮城県で開幕する。

...    
<記事全文を読む>