高校野球の春季近畿地区大会は27日、大阪市の舞洲スタジアムで開幕し、1回戦2試合があった。今春選抜大会4強の報徳(兵庫)は3-4で東海大仰星(大阪3位)に敗れ、準決勝進出はならなかった。

 新生報徳に土がついた。要所で守備が乱れ、選抜大会後、練習試合を含めて初めて敗れた。大角監督は「エースが投げて、勝たないとあかん試合だった。勉強になった」。悔しさを胸に秘め、夏への収穫を口にした。

...    
<記事全文を読む>