第六十四回春季東海地区高校野球大会(中日新聞社後援)が二十六日、伊勢市のダイムスタジアム伊勢で開幕し、県勢は第二試合に登場した近大高専(三重一位)が静岡(静岡二位)に3-7で敗れ、初戦で姿を消した。

 同球場の第一試合は、至学館(愛知一位)が中京院中京(岐阜二位)に6-4で競り勝った。四日市市営霞ケ浦球場で予定されていた二試合は雨天のため中止になり、二十七日に順延となった。

 二十七日午前十時からの第一試合は、津田学園(三重二位)-大垣日大(岐阜一位)、午後零時半からの第二試合は、東海大静岡翔洋(静岡一位)-東邦(愛知二位)。準決勝は二十八日、決勝は二十九日となる。

 ◆球友と投げ合...    
<記事全文を読む>