札幌円山球場で29日に開幕する第56回春季全道高校野球大会(道高野連、北海道新聞社主催)の組み合わせ抽選会が24日、札幌市内で行われ10支部16代表の対戦相手が決まった。

 今春の選抜甲子園大会に出場した推薦枠の札第一(4年連続18度目出場)は、2日目の第2試合で10年ぶり11度目出場の旭大高と対戦する。初出場の帯大谷は、3日目の第2試合で16年ぶり13度目出場の滝川西と対戦する。

...    
<記事全文を読む>