準々決勝を行い、県勢は県大会5連覇で2年ぶりの優勝を目指す浦和学院が前橋育英(群馬1位)に2―0と競り勝ち、4強に駒を進めた。

 浦和学院は2試合連続で2年生投手が完封リレー。先発の右腕近野、左腕佐野と継投した。攻撃は三回1死三塁で家盛が中前へ適時打。五回には押し出し四球で追加点を奪った。

 第4日は23日、準決勝2試合を行い、浦和学院は日大三(東京2位)と対戦する(10時・水戸市民)。

...    
<記事全文を読む>