強打の早実をどう抑えるか。注目の一戦は、先発篠原聖弥(しのはらせいや)が好投、作新が5年ぶりとなる春の関東ベスト4に進んだ。

 理想的な立ち上がりだった。初回、先頭打者の出塁を許した篠原だが、続く打者を3球で見逃しの三振。3番・清宮幸太郎(きよはらこうたろう)はスライダーで泳がせ中飛に打ち取った。

 「清宮君に打たれるのは仕方がない。だからその前でランナーを出さないことを心掛けた」。五回1死一塁の場面も清宮の前で内野ゴロ併殺に打ち取り、破壊力抜群の早実打線を分断した。

 速球派ではないが制球力が持ち味の右腕。春の県大会以降、公式戦全てでスターターを任され、信頼を高めている。外野手で出...    
<記事全文を読む>