高校野球の第69回春季関東大会は20日、1都7県の18校が参加して茨城県のひたちなか市民球場などで開幕し、神奈川2位の横浜は土浦湖北(茨城3位)に勝利して2回戦、神奈川1位の東海大相模は千葉敬愛(千葉2位)を下して準々決勝へ、それぞれ駒を進めた。

 横浜は初回に長南有航(2年)が先頭打者本塁打を放って波に乗り、土浦湖北に13安打を浴びせて10-0で七回コールド勝ちを収めた。先発塩原陸(3年)も6回1/3を5安打無失点と好投した。

 横浜-土浦湖北 東海大相模は初回から打者11人で7点を奪う猛攻を見せ、千葉敬愛に14-2の五回コールドで圧勝。4番森下翔太(2年)が4安打2打点と打線を...    
<記事全文を読む>