春季近畿地区高校野球大会県予選の準決勝と決勝が13、14日、和歌山市の紀三井寺球場であった。決勝で智弁和歌山が和歌山商業を10―0で破り、4年連続11回目の優勝を決めた。27日から大阪市である近畿大会に出場する。紀南で唯一勝ち残っていた田辺は、13日の準決勝で智弁和歌山に0―9で敗れた。○準決勝第2試合智弁和歌山 0300024―9 0000000―0田辺 (7回コールド) 〔智〕黒原―蔵野 〔田〕爰川、玉置―久保  本塁打=蔵野(智)  二塁打=谷、黒原、黒川(智)、水原(田)○準決勝第1試合 和歌山商業7―2紀北工業

...    
<記事全文を読む>