第64回県高校野球春季大会(主催・県高校野球連盟、共催・琉球新報社)は2日、北谷公園野球場で決勝を行い、沖縄尚学が11-2で美里工業に圧勝し、5年ぶり8度目の頂点に立った。

 沖尚は初回に1点を奪うと三回に2点、四回には2点本塁打などで3点を挙げた。終盤の七回にも3点、八回にはさらに2点と常に主導権を握った。投手陣も強力打線の美里工業を2投手の継投で2点に抑えた。

 3位決定戦は美来工科が17-10の八回コールドで興南を制した。

 準決勝に進出した沖尚、美里工業、美来工科、興南は県内開催の第140回九州大会(4月22~27日)に出場する。

...    
<記事全文を読む>