高校野球の春季九州大会(第140回九州大会)第4日は27日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝を行い、第2試合で美里工(沖縄2位)は神村学園(鹿児島1位)に11安打を浴び、0―7で七回コールド負けした。第1試合は、準々決勝で選抜8強の福岡大大濠(推薦)を破った鹿児島実(鹿児島2位)が、選抜4強の秀岳館(熊本・推薦)に3―2で競り勝った。決勝は28日、同球場で午前10時から行う。美里工は攻撃で好機を生かせず、守りでも初回から崩れた。最後まで流れを引き戻すことはできず、安打は1本に終わった。秀岳館は県勢の幸地竜弥(玉城中出)がスタメンで、石井卓弥(神原中出)が代打で出場し、...    
<記事全文を読む>