春の頂点に三本松―。春季四国地区高校野球県大会(四国新聞社後援)最終日は1日、高松市生島町のレクザムスタジアムで3位決定戦と決勝が行われ、決勝は三本松が5―4で英明に競り勝ち、3年ぶり5度目の優勝を飾った。英明の春初優勝はならなかった。四国大会(5月3~5日・徳島)には三本松が県1位代表、英明が県2位代表として出場する。決勝は三本松が六回に浦上の走者一掃の中越え三塁打で均衡を破り、八回にも2点を追加。右腕佐藤は八回に1点差まで追い上げられたがリードを守り抜いた。丸亀城西―坂出の3位決定戦は、丸亀城西が序盤に主導権を握り、井上―大西の継投で坂出打線を2安打に抑えて7―0の七回コー...    
<記事全文を読む>