春の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)は22日、倉敷市のマスカットスタジアムなど県内3球場で開幕。1回戦があり、倉敷南、岡山南、明誠学院などが初戦を突破した。

 各球場とも春の暖かな日差しを浴びる中でプレーボールした。マスカットの第1試合は、倉敷南の岡が3打点を挙げ主戦としても完投。4―2で芳泉を下した。倉敷市営では、岡山南の9番豊島が先制本塁打を含む2長打3打点の活躍を見せ、3―2で古城池に勝った。エイコンでは、明誠学院が2点を追う五回に打者一巡の猛攻で逆転、3―2で倉敷に勝利した。

 試合に先立ち午前8時半からマスカットスタジアムで開会式があり、昨秋優勝の関西から優勝旗が返還...    
<記事全文を読む>