「春季鳥取県高校野球大会」第2日は23日、鳥取市のコカ・コーラ野球場などで2回戦8試合が行われ、ベスト8が出そろった。米子東がシード校の米子松蔭を延長十回の末に下し、3年ぶりの8強入り。鳥取商も第2シードの境を下し、鳥取西、米子北がコールド勝ちで準々決勝に駒を進めた。シード校の鳥取城北、倉吉東は順当に勝ち上がった。

 第3日の24日は準々決勝4試合が行われ、4強が決まる。

...    
<記事全文を読む>