春季近畿地区高校野球大会の和歌山県予選(県高野連主催)が15日に開幕する。田辺市、上富田町、和歌山市の3会場で、39校がトーナメントで争う。優勝校は近畿大会へ、上位4校は夏の全国高校野球選手権和歌山大会でシード権を得る。

 会場は紀三井寺球場(和歌山市毛見)、田辺スポーツパーク(田辺市上の山1丁目)、上富田スポーツセンター(上富田町朝来)。

 田辺スポーツパークでは、15日午前9時からの海南―市和歌山の試合で始まる。準々決勝は5月7日、準決勝は13日、決勝は14日にいずれも紀三井寺球場である。

 延長12回を終えて同点の場合、13回からはタイブレーク制度を採用し、選択打順制で無死一、...    
<記事全文を読む>