第89回選抜高校野球大会は1日、兵庫県西宮市の甲子園球場で決勝があり、履正社、大阪桐蔭の大阪勢が対戦する。

 春夏通算10度目出場の履正社は、悲願の初優勝を目指す。3年前の春は決勝で敗れ、岡田監督は試合前、「選手たちは気持ちを充実させている。私自身も今度こそはという思いを強くしている」と士気を高めた。

 岡田監督は東洋大姫路出身。1979年春の選抜大会に主将として出場し、ベスト4に入った。

 履正社を率いて30年。高校時代に培った「徹底することの強さ」をベースに、考える野球で屈指の強豪に引き上げた。昨秋の明治神宮大会を制し、2002年の報徳以来となる「秋春連覇」がかかる。「いつも通り...    
<記事全文を読む>