第138回北信越高校野球福井県大会は29日、2回戦を行った。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は、金津が昨夏県王者の北陸に延長十一回、4―3でサヨナラ勝ちし、準々決勝に進出した。金津の春季県大会8強入りは2000年以来17年ぶり。金津が春夏秋の県大会で北陸を破ったのは初めて。北陸210 000 000 00 …3000 101 010 01X…4金津■北陸 山本航大、若泉柊斗―杉本来稀■金津 斉川隼大、川端哲平―南恒希 金津は3点を追う四回、2死二塁から斉川隼大が中越えに適時二塁打を放ち1点を返した。六回は相手守備の乱れに乗じ1点、八回は2死二塁から、再び斉川隼大に適時打が飛び...    
<記事全文を読む>