第138回北信越高校野球福井県大会は29日、2回戦を行い、敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、第2シード坂井が敦賀を5―1で下し、準々決勝に進出した。坂井120 200 000…5000 000 010…1敦賀■坂井 吉川大翔―石川雅晴■敦賀 景山徳馬、深山航―神田大志、橋本周児 坂井は一回、2死二塁から4番石川雅晴の適時内野安打で先制。二回には、軽部裕樹の犠飛と松浦光輝の適時打で2点を加えた。四回にも相手守備の乱れにつけ込み、2点を追加。悠々と逃げ切った。

 先発したエース左腕吉川大翔が好投した。七回までは散発2安打、八回に敦賀の反撃を許したが1失点にとどめ、完投した。

 敦賀...    
<記事全文を読む>