第89回春季県高校野球大会(県高野連、北日本新聞社主催)第3日は29日、高岡西部、県営富山、宮野、砺波の4球場で2回戦8試合が行われた。

 富山西-八尾は延長十二回でも決着がつかず、無死一、二塁から攻撃し合うタイブレークに今大会初めて突入。延長十三回の末、富山西が5-4で八尾を破った。呉羽は不二越工に6-4で競り勝った。砺波工は一昨年の王者、富山商を3-0で退けた。富山、魚津工、桜井、高朋、高岡向陵も3回戦進出。

 30日は夏の県大会のシード権を得られる8強入りを懸け、3回戦8試合を行う。

...    
<記事全文を読む>