第六十四回春季東海地区高校野球県大会の決勝が二十九日、四日市市営霞ケ浦球場であり、近大高専が津田学園に4-3でサヨナラ勝ちし、五年ぶり二回目の優勝を果たした。

 両校は五月二十六日から四日市市などで開かれる東海大会に出場する。近大高専は五年ぶり二回目、津田学園は二年連続三回目の出場となる。

 三位決定戦は、津商が5-4で菰野を制した。

 今大会の結果で近大高専、津田学園、津商、菰野が夏の県大会シード校に決まった。「絶対打つ」代打逆転2ラン 広瀬泰貴選手 ボールが外野フェンスを越えてスタンドの芝生に落ちた瞬間、ベンチからチームメートが一斉に飛び出した。1点差で無死三塁の好機、代打で登場...    
<記事全文を読む>