第六十四回春季東海地区高校野球県大会(県高校野球連盟主催、伊勢新聞社後援)は二十九日、四日市市羽津甲の市営霞ケ浦球場で決勝があり、近大高専が津田学園を4―3で下して五年ぶり二回目の優勝を果たした。両校は五月二十六日から同球場など県内で開かれる東海大会に出場する。

 決勝に先立ち実施した三位決定戦では、津商が5―4で菰野に勝った。

 全日程終了後、閉会式があり、伊勢新聞の小林千三社長が近大高専の廣瀬泰斗主将に優勝旗を手渡した。

...    
<記事全文を読む>