春季県高校野球大会(岐阜新聞・ぎふチャン後援)第4日は29日、長良川球場で準決勝を行い、大垣日大(西濃1位)が3年ぶり8度目、中京院大中京(東濃2位)が2年ぶり18度目の決勝進出を決め、春季東海大会(5月26~28日、三重県)の出場を決めた。

 大垣日大は岐阜各務野(岐阜2位)と対戦。四回までに3点のリードを許したが、八回に追い付いた。十回2死二塁で、田渕友貴が左前適時打を放ちサヨナラ勝ちした。

 土岐商(東濃1位)と対戦した中京は、1点を追う三回に西尾歩真の適時二塁打で同点とし、八回に小鶴純貴の適時三塁打で勝ち越した。先発重本涼は1失点完投。

 最終日は30日、同球場で3位決定戦の...    
<記事全文を読む>