静岡県高校野球連盟(会長・真木万平静岡商校長)は17日、静岡市内で顧問総会を開き、本年度の事業計画などを報告した。会長、副会長は留任。硬式の加盟校は昨年度と同じ112校で、佐久間が浜松湖北佐久間分校として新たに加盟した。軟式は聖光が脱退し3校になった。

 真木会長は「1年間高校野球に携わり、あらためて注目度の高さを感じた。公式戦に出られる選手は限られていると思うが、野球に取り組んだ経験が一生の宝物になるよう、指導をお願いしたい」とあいさつした。

 役員変更に伴う新任者は次の通り。

 ▽監事 後藤剛志(焼津水産)▽理事 石田一希(御殿場西)裏見俊尚(浜松啓陽)
<記事全文を読む>