県高野連は11日、松本市内で理事・評議員会を開き、2017年度の大会日程や新役員などを決めた。

 第99回全国高校野球選手権長野大会は7月8日に開幕し、決勝を行う主会場は3年ぶりに長野オリンピックスタジアムになる。組み合わせ抽選会は、今年も安曇野市の安曇野スイス村サンモリッツで行う。

 5月13〜17日(15日は休養日)の第136回春季県大会は、改修工事が終わった伊那スタジアム(旧伊那県営)のほか、しんきん諏訪湖(諏訪湖スタジアム)、綿半飯田の3球場で実施。日程は昨年までの5日間から、改修工事前の4日間に戻す。

 新会長には、上田と長野で野球部長を務めた経験もある山崎宏氏(下諏訪向陽...    
<記事全文を読む>