県高校野球春季大会は30日、サーティーフォー保土ケ谷球場で準決勝を行い、5月20日から茨城県で開催される春季関東大会に出場する2チームが決まる。第1試合は星槎国際湘南-横浜(試合開始午前10時)、第2試合は東海大相模-桐光学園(同午後0時30分)。3日午後1時から同球場で行われる決勝に進むのはどのチームか。 星槎、主戦が絶好調 横浜、投打に隙なし 昨秋の準々決勝では横浜が8-6で勝利。初の4強入りで勢いに乗る星槎国際湘南が、投打に隙なく仕上がっている横浜の牙城を崩せるか。横浜は4番増田が昨夏から公式戦では20試合連続安打中で、今春の打率は5割8分8厘。福永、齊藤、万波らも...    
<記事全文を読む>