高校野球の県春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は8日、サーティーフォー保土ケ谷球場など6会場で1、2回戦9試合を行って開幕し、桐蔭学園、県相模原、橘学苑などが勝ち進んだ。

 また、22試合が雨天中止となり、日程が大幅に変更された。第2日は9日、15会場で1、2回戦30試合を行う。

...    
<記事全文を読む>