高校野球の県春季大会(県高野連主催、神奈川新聞社など後援)は8日に1、2回戦31試合を行って開幕する。決勝進出の2チームが春季関東大会(5月20日から5日間・茨城県)に出場し、ベスト16以上には夏の神奈川大会のシード権が与えられる。神奈川の覇権を巡る戦いを、第1シードの慶応、横浜、横浜商大、桐光学園の各ブロックごとに展望する。

...    
<記事全文を読む>