春季高校野球県大会第4日は30日、県営大宮など3球場で3回戦8試合を行い、ベスト8が出そろう。ここまで浦和学院、花咲徳栄、浦和実、春日部共栄のシード勢は順当に勝ち進んだ。夏の上位シード獲得に向けて熱さを増す3回戦の見どころを探った。

 校名変更後、初となる夏のシード権を獲得した叡明は、好右腕布川を擁する武南と対戦。力のある直球を武器とする武南のエース右腕布川に対し、叡明打線は狙い球を絞って少ない好機をものにしたい。

 下位打線にも長打を打てる打者がそろう埼玉平成は、早大本庄に打ち勝った草加西とぶつかる。埼玉平成は2回戦で2ランを放った鈴木大ら勝負強い打者の前に、1番時田らが出塁した...    
<記事全文を読む>