(春季埼玉県高校野球大会 27日・県営大宮ほか) 2回戦9試合を行い、昨秋王者で大会5連覇を狙う浦和学院が聖望学園に5―4で逆転勝ちした。3―4の九回2死一塁から秋山が同点打。続く本田の適時二塁打で逆転に成功した。

 そのほかシード勢の春日部共栄は越谷西に10―2、浦和実も朝霞に10―3とともに七回コールド勝ち。花咲徳栄は草加に14―3と五回コールドで大勝した。

 西武台は小鹿野に延長十三回で7―6と競り勝った。東農大三は熊谷工に7―1で快勝。本庄東は山村国際を9―0と七回コールド勝ち。草加西は早大本庄を6―2で下した。叡明は立教新座を7―1で破り、16強に進出した。

 第3日は28...    
<記事全文を読む>