▽4回戦常磐 000 010 000―1 000 011 00×―2前橋育英【常】仙波-小沢【前】根岸、丸山-戸部▽二塁打 戸部、堀口(前) 前橋育英は五回、丸山が左前打で出塁すると、北原、皆川の連打で先制。同点とされた六回は丸山の適時打で勝ち越した。先発根岸は6回を4安打。継投の丸山は3回を三者凡退で締め、投手戦を制した。

 常磐は1点を追う六回、三宅の単打から水沼の右前適時打で同点としたが、後が続かなかった。

...    
<記事全文を読む>