第70回春季県高校野球大会兼第69回春季関東地区大会県予選は29日に再開し、県営球場ほかで2回戦8試合を行い、ベスト8が出そろう。

 清原球場では本格派右腕・石川翔(いしかわしょう)を擁するシード青藍泰斗が登場し、コールド発進した矢板中央と激突。シード宇都宮は足工大付、作新は宇工と顔を合わせる。

...    
<記事全文を読む>