県立取手二高、常総学院高の野球部監督として春夏3度の全国大会優勝を果たした木内幸男氏(85)の講演会「高校野球は最高の教育現場〜我が野球人生〜」が23日、つくばみらい市神生のきらくやまふれあいの丘で開かれた。集まった小中学生ら約350人を前に、木内氏は「どんなに弱くても、甲子園を目標に野球をしてほしい」と強調。目的意識を持つ大切さを訴え、指導者や保護者に対しては「子どもたちの夢をかなえてやってほしい。茨城の野球の芽を育てていくことに協力していただきたい」と述べた。講演会では、取手二高捕手として1984年夏の甲子園で優勝した中島彰一氏(現新日鉄住金鹿島野球部監督)、常総学院投手と...    
<記事全文を読む>