第64回春季東北地区高校野球の県大会の4地区予選が22日の庄内地区を皮切りにスタートする。村山、置賜、最北の3地区は29日から。地区ごとに県大会出場を懸けた熱戦が繰り広げられる。

 1次予選の参加チームは昨年から1校増え、計48チームになる。小国と荒砥は合同チームでの出場となる。

 県大会の出場枠は村山が9、置賜が6、最北が3、庄内が6で計24チーム。各地区とも1次予選と2次予選を行い、出場校を決める。

 県大会は5月19~22日、27、28日の日程で、鶴岡市小真木原野球場と酒田市光ケ丘野球場で行われる。組み合わせ抽選会は同12日の予定。

...    
<記事全文を読む>