県高校野球連盟(奥山雅信会長)は19日、山形市の県スポーツ会館で評議員会を開き、2017年度の事業計画などを決めた。今夏は本県を幹事県に全国高校総体夏季大会(南東北インターハイ)が開催されるため、全国選手権山形大会は例年より期間を短縮し実施する。

 17年度当初の加盟校は昨年度と変わらず、硬式が49校、軟式が1校となった。夏の甲子園出場校を決める全国選手権山形大会は7月12日に開幕し、23日に決勝の予定。昨年は2回あった移動日を1回に変更するなどし、期間短縮に努める。試合の早期決着を図るタイブレークは、17年度も県内大会では採用しない方針。

 本年度の軟式を含めた新入部員(男子のみ...    
<記事全文を読む>