春季県高校野球地区大会は23日、青森県内5地区で16試合を行った。五所川原地区は順位決定戦を行い、五所商が優勝。弘前地区は聖愛、弘前、弘前東が各グループを1位で終えた。青森地区は東奥学園、青森、青森山田、青森商がそれぞれグループ首位となり、優勝決定戦に駒を進めた。八戸地区は八工大一と八学光星がともにコールド勝ちで決勝に進出。むつ地区は大湊、田名部が勝利した。

...    
<記事全文を読む>