春季青森県高校野球地区大会は22日、6地区で22試合を行った。五所川原地区の木造は九回に5点差を逆転し、16日に続き、2回目のサヨナラ勝利を収めた。十和田地区の三本木農は野辺地西と引き分けた。むつ地区の大湊、八戸地区の八学光星など12チームがコールド勝ちした。23日は弘前など4地区で14試合を行う予定。

...    
<記事全文を読む>