春季青森県高校野球地区大会は16日、雨で順延となったむつ地区で開幕した。青森、八戸、五所川原、十和田の4地区と合わせて17試合を行った。むつ地区の田名部、五所川原地区の木造がサヨナラ勝ちを収めた。青森地区の明の星と青森中央、十和田地区の三沢商と三本木は引き分けた。22日は弘前を含む6地区で22試合を行う予定。

...    
<記事全文を読む>