第56回春季全道高校野球大会釧根支部予選(道高野連、北海道新聞社主催)が5月13日、別海町営球場で開幕し、釧路・根室管内の19校14チームが全道大会を目指す。組み合わせ抽選会が4月27日、釧路市の釧路江南高であり、開幕戦で霧多布と釧江南が対戦する。

 釧路市民球場が改修中のため、今春と今夏の支部予選は別海町営球場で行う。

 部員の少ない複数校でチームを組む連合は「阿寒・釧東・釧商・白糠」「根室・根室西・標津」の2チーム。単独出場は12校。羅臼と厚岸翔洋は出場しない。

 昨秋の支部予選で上位の武修館、中標津、釧明輝、釧北陽は、初戦で対戦しないように振り分けられた。

 6日間の日程で、雨天...    
<記事全文を読む>