高校野球の春季九州大会(第140回九州大会)最終日は28日、沖縄セルラースタジアム那覇で決勝が行われ、神村学園(鹿児島)が鹿児島実業との鹿児島勢対決を3―1で制し、10季ぶり3度目の頂点に立った。

 神村学園は初回1死一、三塁、左犠飛で先制。なおも2死二塁で左前適時打を放ち、2―0とした。さらに三回にも2安打で1点を追加。四回に鹿児島実業に1点を返されたが、逃げ切った。

...    
<記事全文を読む>