佐賀県大会は5試合で3失策。「守り勝つ野球」を掲げ、2季連続で九州の大舞台に挑んだ佐賀北は、またも初戦で涙をのんだ。内野の守備がほころび6失策。「強い相手はわずかなミスも許してくれない」。百崎敏克監督はそう語るしかなかった。

 先制点を挙げた直後の三回表。先発・中島拓朗が先頭打者に四球を与えると、犠打の処理や飛び出した走者への送球ミスなど三つの失策が重なり、この回一気に5点を奪われた。

 自滅した形で逆転を許し、波に乗りかけた打線もその後は振るわなかった。代打も次々と送り、7安打を放ったものの、最後まで流れを変えることはできなかった。

 「バックのミスが負担となり、投手が踏ん張れなか...    
<記事全文を読む>