高校野球の第140回九州地区大会の第2日は23日、沖縄セルラースタジアム那覇とコザしんきんスタジアムの2会場で計5試合を行った。沖縄県第1代表の沖縄尚学は鹿町工業(長崎1位)と対戦。五回の好機に一挙5点を加え、6―1で快勝した。沖尚は準々決勝に進んだ。県第3代表の美来工科は序盤から打線がしっかりつながり、九州国際大付属(福岡3位)に11―1で七回コールド勝ち、2回戦に進んだ。県第4代表の興南は鹿児島実業(鹿児島2位)に1―2で惜しくも敗れた。

 24日は両会場で計5試合を行う。県第2代表の美里工業は2回戦から登場し、沖縄セルラースタジアム那覇の第2試合で熊本工業(推薦)と戦う。初...    
<記事全文を読む>