高校野球の春季九州大会(第140回九州大会)第1日は23日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇などで1、2回戦の計5試合が行われ、選抜大会ベスト8の福岡大大濠、神村学園(鹿児島)、沖縄尚学が準々決勝に進んだ。

 いずれも初戦の2回戦で、福岡大大濠は明豊(大分)に10-0、神村学園は選抜8強の東海大福岡に14-4と、ともに六回コールドゲームで勝った。沖縄尚学は初出場の鹿町工(長崎)を6-1で下した。

 1回戦は鹿児島実が興南(沖縄)に2-1で競り勝ち、美来工科(沖縄)は11-1の七回コールドゲームで九州国際大付(福岡)に大勝した。

 24日に2回戦の残り5試合が行われ、選抜4強の秀岳館...    
<記事全文を読む>