高校野球の第140回九州大会が22日開幕した。沖縄セルラースタジアム那覇で開会式が行われ、選手を代表して沖縄尚学の木村哲太主将が1年前の熊本地震に触れ「今ある環境が当たり前じゃないこと、たくさんの支えがあることを忘れず、感謝の気持ちを持ち、プレーする」と力強く宣誓した。

 興南と美来工科が1回戦、沖縄尚学が2回戦を予定していたが、雨天で中止となり、23日に順延された。【琉球新報電子版】

...    
<記事全文を読む>