首里東が両チーム合わせて28安打の乱打戦を制し、秋にコールド負けを喫した宮古総実に9-6で借りを返した。九回は2点を返され、なお2死満塁で再登板した平良尚人が、遊ゴロに打ち取って試合終了。川満亨監督は「宮古総はボールを振らないし、打ち損じがなかった。怖い打線だった」と安堵(あんど)した。

...    
<記事全文を読む>