3年前である。

 大分高校(大分市明野高尾)の野球部元マネジャー首藤桃奈(ももな)(18)は、大分中学の卒業式で答辞を読んだ。

 〈私には夢と希望があります。大分高の野球部マネジャーになって甲子園に連れて行きたいです〉。みんなに宣言した。親にも内緒だった。

 ―そもそもなぜ女子マネに? 「中学3年の夏、全校応援で『イタコウ』の試合を別大興産スタジアムに見に行った。メンバー以外の野球部員が応援団としてスタンドを盛り上げてて、すごいなぁ…と」 ―それが動機? 「その試合は結局負けた。部員は抱き合って泣いている。なぜ? 先輩たちのことをもっと知りたい、イタコウ野球部のことを知りたい、と思っ...    
<記事全文を読む>