昨夏の全国高校野球選手権大会で直前の「甲子園練習」に参加し、途中で制止されて「男女差別」などと議論を呼んだ大分高(大分市)の元野球部マネジャー、首藤桃奈(ももな)さん(18)が1日、卒業式を迎えた。

 今春の選抜大会から条件付きで参加できるようルールが変わり「多くの人のおかげ。素直にうれしい」。これから夢の舞台に臨む女子部員たちには「けがをしないよう、選手と同じ集中力でグラウンドに立ってほしい」とエールを送った。

 4月から関東の短大でアナウンサーを目指す。「スポーツの素晴らしさを伝えたい」。次の夢舞台へ、もう誰も止められない。

...    
<記事全文を読む>