福岡、熊本両県から2校ずつが出場した第89回選抜高校野球大会のスタンドに、両県の県人会メンバーが交代で詰めかけ、郷土の高校球児に声援を送っている。

 関西熊本県人会は、メンバーの女性4人が天草地方の伝統芸能「牛深ハイヤ節」の衣装で登場。大漁旗で作ったど派手な着物でスタンドに花を咲かせた。関西福岡県人会はメンバーが「博多あまおう」の赤い法被を着て座り、県産品をさりげなくアピールすることも忘れない。

 両県人会とも「1県から2校も出るとは。今年の春は忙しかけど、うれしかぁ」。3校が勝ち進んだ2回戦でも声を張り上げる。

...    
<記事全文を読む>